【PR】人気の副業を無料ご提案 癒し,ビジネス,手に職,転職,資格,エステ,リフレクソロジー 転職&手に職!女性の為の癒し系のお仕事(アロマ、エステ、リフレ、レイキ、整体、カイロ等) 癒し系のお仕事に転職-アロマセラピー⑤

 当サイトでは、女性ならではの繊細さや温かみのあるサービスを生かして癒し系ビジネス(アロマ、エステ、リフレ、マッサージ、レイキ、ネイル、整体、カイロなど)で成功する為の道しるべ的な情報を提供しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PR】カウンセラーの資格をとるならシカトルで 就職,癒し,ビジネス,手に職,転職,資格,エステ,アロマ,カイロプラクティック,整体

--.--.-- | | スポンサー広告

癒し系のお仕事に転職-アロマセラピー⑤

アロマを自宅で楽しむ方法

アロマセラピーは最近ではマスコミにも広く紹介され、比較的簡単に精油が
手に入るようになりました。ただ、自宅でアロマセラピーを楽しむには、精油の
扱い等十分な注意が必要になります。  正しく安全に精油を使用してこそ、
アロマセラピーを楽しむことができるということを忘れないでください。

自宅でアロマテラピーを楽しむ方法をいくつか紹介します。

■芳香浴
アロマポットで行う方法が一般的ですが、 アロマポットがなくてもスプレーや
アロマキャンドルなどで芳香浴は楽しめます。火の元や精油の量には充分に
気をつけましょう。 

■湿布
温湿布と冷湿布があります。温湿布は血行を良くし毛穴を開く効果があり、
肩こりや生理痛に悩んでいる場合に使用すると良いでしょう。冷湿布は、
捻挫や軽い火傷などの応急処置として効果があります。湿布は精油が
直接肌に接するので、あまり長時間行わない方が良いでしょう。

※冷湿布はあくまでも応急処置ですので必ず医師の診断を受けましょう。

■吸入
風邪のひき始めや、お肌の手入れに有効です。洗面器に熱湯を注いで精油を
1~3滴落とし、湯気を顔にあてるようにします。バスタオルを頭からかぶりますが、
多少湯気を逃がすために隙間を開けておきましょう。

※注意点
目を閉じて行う。
1回約2~3分程度とする。
咳が出るようなら中止する。
呼吸器系の疾患のある方はしない。
メイクを落としてから行いましょう。

■沐浴
お湯をはった浴槽や洗面器に精油を落とし、香りを楽しむ方法です。この沐浴には、
“全身浴”や“半身浴”、“部分浴”などがあります。

※精油は水と混ざりにくいのでしっかりとかき混ぜましょう。


※※アロマを自宅で楽しむ際の注意点※※

【PR】カウンセラーの資格をとるならシカトルで 就職,癒し,ビジネス,手に職,転職,資格,エステ,アロマ,カイロプラクティック,整体

テーマ:スキルアップ - ジャンル:就職・お仕事

2013.05.04 | | Comments(0) | ■転職 アロマセラピー

«  | HOME |  »

癒し系 転職のコメント

癒し系 転職のトラバ

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。